第1章 ハンセン病医学的知識

 ハンセン病の歴史を知る前に、まずハンセン病という病気について知っておく必要があるだろう。

I. レプラ菌の性質

 ハンセン病"Hansen's Disease"はレプラ菌"英Bacillus of Leprosy・ラMycobacterium Leprae" によって引き起こされる慢性伝染病である。このレプラ菌を発見したのがノルウェーの医師アルマウェル・ハンセン"Armauer Hansen" 氏であったことからハンセン病との名が付いた。なおハンセン病は時としてHanseniasisやH.D.と呼称されることもある。
 レプラ菌は長さ約1.5 micrometerのかん菌である。かん菌とは漢字で桿菌と書き、棒のような形状をした細菌の総称で、納豆菌や根粒菌・赤痢菌などと同じ種類に属する。また、細菌表面にロウを含む抗酸菌に属しており、一度染色すると脱色できない。細菌の性質としては、結核菌とよく似ており結核用の薬品がハンセン病にも効くことが多いことは周知の事実である。なお、現在においてもレプラ菌の純粋培養法は見つかっておらず、ヌードマウス等を使った培養しかできていない。

II. 感染

 ハンセン病を引き起こすレプラ菌の伝染性は非常に弱く、皮膚の接触などいわゆる直接感染がその経路と言われている。大人に対する感染力は特に弱く、過去国・公・私立療養所内において入所者から職員にハンセン病が感染したことは、一度もないと言う程だ。しかしながら乳幼児に関しては、皮膚が弱いため、大人と比べて感染しやすい。なお感染から発病までの期間は最低でも3年、長ければ15年以上発病しないと言われている。
 こういった伝染の性質や発病までの時間の長さなどから、古くは遺伝病ではないかとも言われ、優生思想に基づいて強制隔離や強制断種などが行われてきた。(優生思想については第3章、隔離政策強制断種については第2・4章を参照願う。)

III. 病型 −2型2群分類法−

 1953年にスペイン・マドリッドで行われた第6回国際ハンセン病学会議によれば、ハンセン病の型は大きく4つに分けることが出来る。

1)ツベルクロイド型"Tuberculoid Type"(TT型・類結核型)
 病気の初期症状として発生し、全身に黄褐色・赤褐色の結節を生じる。結節部の近くは知覚が麻痺している。結節は次第になくなり、白斑となる。光田反応は陽性。

2)レプロメータス型"Lepromatous Type"(LL型・らい腫型・結節型)
 結節が斑紋の上など(特に顔面)にでき、鼻・咽喉部の隆起・潰瘍により呼吸困難におちいることがある。眼が侵され、またリンパ節にも結節を生じる。発症当初から知覚過敏をおこし、冷・熱感覚の倒錯、その後知覚麻痺・運動障害になる。筋肉が萎縮するため、手・足が変形、垂足を伴うこともある。光田反応は陰性。

3)ボーダーライン群"Borderline Group"(B群・境界群)
 ツベルクロイド型が再燃を繰り返すうちにレプロメータス型に移って行く頃。病巣の組織もツベルクロイド型とレプロメータス型双方の中間の性質を持つ。B群はさらにBT型・BB型・BL型の3つの型に分けることができ、それぞれTT型・LL型に近いものをBT型・BL型とし、いずれにも当てはまらないものをBB型としている。光田反応は陽性で、レプラ菌と双方の症状がそろった場合、本群と診断される。

4)インターメジエート群"Indeterminate Group"(I群・未定型群)
 ツベルクロイド型・レプロメータス型どちらに移行するのか不明な最も初期の症状。知覚に障害があり、赤または白色の境界が鮮明な斑紋を生じる。光田反応は不定。

 以上の4つであるがこの分類法を一般に2型2群分類法と呼んでいる。

 なお光田反応とは、別名レプロミンテスト"Lepromin Test" とも呼ばれており、レプロミン(加熱殺菌済みのレプラ菌)を皮下注射をした後、1〜2週間後の反応(晩期反応)を見るものである。医師の光田健輔氏が考案した検査法であることから光田反応と名付けられた。但し、この反応でハンセン病の発病を診断することはできない。健康者の多くがレプロミン反応に陽性を示すためである。

IV. 治療法

 ハンセン病による死亡率は全患者の約7%である。が、他の病気を誘発しやすいため、それによって死亡してしまうことが多い。

1)内科的治療法
 過去におけるハンセン病の治療薬は大風子油"Chaulmooga Oil" が用いられていた。これは大風子"Hydnocarpus Anthelmintica" から作られる油である。現在においては化学療法が治療の主流となっている。この傾向は戦後のプロミン"Promin" の導入から始まった。
 プロミンはスルファミン系の薬剤で、米国パーク・ディヴィス社"Parke Davis" の商品名である。元々は結核治療に有効と言われてきたが、米国ルイジアナ州のカービル療養所"Carville" でハンセン病にも有効であることが実証された。日本には戦後の1946年、プロトミンの商品名で導入された薬品である。この後、同様の薬品がいくつか開発され、ハンセン病の治療に役立っているあるいは役立っていたので以下にその一部をあげておく。

DDS(プロトゲン)チバ1906B663(クロファジミン)ETH(エチオナミド)
サルファ剤PTH(プロチオナミド)硫酸カナマイシンRFP(リファンピシン)

 また現在では世界保健機関"WHO" の指導もありMDT多剤併用療法"Multidrug therapy" が進んでいる。これはDDS耐性レプラ菌が増加の傾向にあるための措置である。ハンセン病患者に対する治療費は非常に安く、アメリカの例によれば1人の患者につき月平均$15.00程度(日本円にして\1,600-程度)で済むという。

2)外科的治療法
 拘縮(筋肉の持続的な収縮)の切除や腱移手術を行うことにより、手指等の可動域を拡げることが可能である。また病型にもあるように、病状が進むと顔や四肢に多くの変形を生む病気である。従って、形成外科・整形外科的な治療が必要になる。

V. 世界におけるハンセン病の現状


Source: WHO Weekly Epidemiological Record 2 October 1998 No 73,40

 ハンセン病は世界的に終息する傾向に向かってはいるが、それでもなお世界各国においてハンセン病患者は数多く存在する。WHOによればハンセン病がまん延していると思われる国はインドやブラジル・インドネシアなど16ヶ国あり、これらの国における患者は73万人にのぼり、平均有病率は3.81/10,000と見られている。なお、上記の地図は有病率を表したものであり、下記の表は患者人口を表したものである。

The most endemic countries in 1998.
COUNTRY Prevalence COUNTRY Prevalence
1India 527,3449Madagascar 11,005
2Brazil 72,953 10Philippines 8,749
3Indonesia 29,225 11Ethiopia 8,104
4Myanmar 13,581 12Dem. Rep. Congo 4,863
5Bangladesh 13,248 13Guinea 4,805
6Nigeria 12,878 14Sudan 4,065
7Nepal 12,540 15Niger 2,738
8Mozambique 11,072 16Cambodia 1,921
TOTAL 739,091
Source: WHO Weekly Epidemiological Record 22 May 1998 No 73,21

 これらの国々を初めとして現在世界中に80万4千人(1998年WHO報告)の患者がおり、有病率は1.25/10,000である。


次のページ「第2章 ハンセン病の歴史的背景・予防法の変遷」へ進む。

「etoile」のHomePage!!へ戻る


 参考文献 (敬称略)
・ 大谷 藤郎 監修『ハンセン病医学 −基礎と臨床−』東海大学出版会、1997/09/05
・ 小学館家庭医学大事典編集委員会 編集『家庭医学大事典 −ホームメディカ−』 小学館、1992/07/20
・ ドーランド医学大事典編集委員会 編集『ドーランド医学大事典"Dorland's Illastrated Medical Dictionary"』廣川書店、1997/04/15
・ 森岡 恭彦『医学大事典"Neuveau Larousse Médical"』朝倉書店、1985/06/25
・ 橘 敏也『ピルブック −クスリの事典−』薬業時報社、1989/11
・ 米国疾病管理局 "Centers for Disease Control" Website:http://www.cdc.gov/
・ 世界保健機関 "World Health Organization" Website:http://www.who.int/