序論 なぜ今、ハンセン病なのか

I. 差別・偏見を助長する心理

 障害者や高齢者・児童に対する差別は、昨今の解放運動やパラリンピック"Paralympic"などの影響により、次第になくなる方向へ進んでいる。しかし、やはり差別や偏見を完全に無くすことは難しく、現在においても差別・偏見はなくなっていない。それどころか差別・偏見は今までとは違った方向で悪化しているとさえ感じる。
 人間はなぜ、他人に対し差別・偏見を持つのか。例えば過去における障害者差別は、障害者と接したことのない人間が、突然障害者に出会ったことで「自分とは違う」という違和感を人々が抱いたことがその原因である。従ってこのような違和感は、障害者と接することで次第になくなって行き、同時に差別・偏見もなくなって行くはずである。しかし障害者に対する差別は、今なおなくなっていない。また、高齢者や児童に対して違和感を抱く者はいないはずであるが、やはり差別・偏見は存在する。  差別・偏見が発生する原因には、違和感とは違う何か「別の作用」が影響しているのではないだろうか。

II. いわゆる「社会的弱者」について

 障害者や高齢者・児童などを一括りにした言葉として「社会的弱者」という言葉がある。しかし、この言葉を聞いたとき私は何とも言えない違和感を感じた。確かに現代の社会において、障害者や高齢者・児童らが社会の隅に追いやられている感は拭えない。しかし、少なくとも彼らは弱い存在ではない。弱者という存在は社会が造り上げているものなのだ。もし、弱者の存在が問題だと言うのであれば、本当の問題は弱者とされた個人にあるのではなく、彼らを弱者という存在にしている社会に問題があるはずである。
 また、障害者や高齢者・児童らが弱者というのであれば、はたして健常者はどのような存在になると考えられているのだろうか。社会的強者とでも言うのだろうか。しかし、昨今の「いじめ」や「雇用不安・リストラ」は健常者の社会生活を狂わせ、多くの自死者を生んでいる。私に言わせれば、この世に社会的強者も社会的弱者も存在しない。誰もが社会的弱者にも社会的強者にも成り得るのである。

III. ハンセン病

 私が最初にハンセン病を知ったのは大学に入ってからのことである。藤田真一氏が執筆された『証言・日本人の過ち』と出会ったのがそのきっかけであった。もちろんこの本を読んだとき、私はその内容を信じることができなかった。いや、信じることを実施に拒否しようとしていたと言ったほうが正確かもしれない。しかしそれは実際に起こったことである。それが理解できるようになったとき、私は曲がりなりにもハンセン病に関する調査を始めた。
 1907年ハンセン病に関する最初の法律『癩予防二関スル法律(明治40年法律第11号)』が成立してから、1996年に『らい予防法の廃止に関する法律』が成立するまで、89年間もの長い間、ハンセン病患者は法律に苦しめられてきた。しかし、あまりにも長い年月は、ハンセン病が危険な病であり、患者は危険な存在であるとの認識はひとりひとりの心の中に深く染み込み、現在でもなお偏見・差別は無くなっていない。今後、どのようにしてハンセン病患者に対する差別・偏見の是正を図るべきか考えることが、本論文を執筆した動機である。

IV. 歴史を学ぶことの意義

 歴史を学ぶことの意義は大変大きい。しかし今まで真の意味で歴史を学び、それを社会に活かした例は非常に少ないのではないだろうか。戦争が今まで幾度となく繰り返されていることを考えても、人間が歴史を正しく理解してこなかったことを証明するよき材料となろう。
 しかし歴史を正しく理解し、活かす努力を惜しまなければ、同じ過ちを繰り返すことはなくなるはずである。ハンセン病患者に対して行われた歴史を、今後の医療や福祉に活かすことは出来ないか考えながら執筆したい。


次のページ「第1章 ハンセン病医学的知識」へ進む。

「etoile」のHomePage!!へ戻る