おことわり

 ハンセン病"Hansen's Disease"という用語は、本病の名称として社会的あるいは医学・法律的に認められたものである。よって本論文内でもハンセン病を用いる。  原因菌の名称についてはハンセン病菌などと呼ばれることもあるが、本論文内ではレプラ菌"Mycobacterium Leprae"を用いるものとする。
 ただし、本論文の執筆にあたり、上記以外の用語、特に差別的用語を用いることがある。これは、学問的見地からこのような用語を使用することが適当であると考えるからである。

 なお、ハンセン病は過去に於いて『らい』と呼ばれていたため、『ライ症候群』と間違えられやすい。以下にライ症候群についての簡単な説明を載せる。

 インフルエンザや水疱瘡などのウイルス性の病気にかかった後、まれに起こる子どもの病気。1963年オーストラリアのライ博士"Reye"が発見した。インフルエンザなどの回復期に突然、吐き気・意識障害・発熱・肝障害が起こり、ひどくなると痙攣を伴う。死亡率は20-30%と高い上、快復しても脳の中枢部が侵され、知能・運動の障害が後遺症となることが多い。ブドウ糖点滴・脳の浮腫をとる薬の投与が主な治療。
 原因や発病の仕組みはよく解っていないが、アスピリンなどのサリチル酸製剤の服用が発病に関係するとも言われており、1985年10月厚生省がサリチル酸製剤の効能書に本病との関係を加えるよう措置している。
 出典:朝日新聞1986年3月11日朝刊より要約

 なお、ハンセン病に関する歴史的事実をより客観的に認識できるよう、ハンセン病に関する年表を作成しましたので、是非参照下さい。


次のページ「序論 なぜ今、ハンセン病なのか」へ進む。

「etoile」のHomePage!!へ戻る